排熱利用で発電をする

###Site Name###

排熱利用とは、捨てられる熱を何らかの媒体を利用して再びエネルギーとして利用するというものです。

主に大量の熱を使用しているのが発電所や工場です。

NAVERまとめに関する情報が満載です。

特に発電所でも火力発電所は投入した3割程度しか電力にならず残りは排熱として捨てられていますが、この熱を再び回収して発電するといったことが行われています。また工場で自家発電を行っているケースでも排熱利用をすることで効率よく電力を発電するといったことが行われるようになっています。

排熱利用の基本知識を紹介しています。

また工場においては冷却をするさいにも大量の熱を発することになりますが、この排熱利用して発電をするといったことも行われますが、冷却にともなって発生する熱を利用する場合には、さまざまな工夫が必要になります。



この排熱利用による発電方法が効率的に行われるようになっているのが熱電変換素子の存在です。


熱電変換素子は温度差によって電気を発生させるというものです。

発電を行うさいには回転運動によってダイナモによって電気を生み出すといった方法が一般的ですが、捨てられる熱を利用してダイナモを回すには力不足であるため現実的に難しいものですが、熱電変換素子であれば比較的、低い高温からでも電気を取り出すことが可能になります。また静的な発電であるため回転運動のある発電機と異なり一度設置するとメンテナンスの負担が少ないといったメリットがあります。

反面で実用的かつ効率的に電力を得るためには一定規模の熱量が必要になります。